GUDシートお問い合わせ GUDシート製品のご購入はこちら

明治25年創業の朝倉染布の独自技術

dewelry®は、明治25念創業の朝倉染布独自の撥水加工技術です。
水泳の世界トップアスリートの水着にも利用されている技術ですが、元々は赤ちゃんのオムツカバーに使われていた技術を発展させたもの。
洗濯を重ねても変わることのない高い品質と性能を求め、より人や環境にやさしい製法を求めて、わたしたちは日々研究を続けています。

優れた撥水耐久性とさわやかな通気性

dewel r y®(撥水加工)は、繊維のフィラメント1本1本の表面をナノ粒子の炭化フッ素で覆うことで、驚異的な撥水性を発揮します。 また、高温で加工処理してあるため、100回以上の洗濯にもびくともしない耐久撥水性能を保持し続けます。
dewel r y®(撥水加工)の特徴は布地全体をコーティングしていないので、生地本来の通気性を損なわず、快適な着心地を得ることが出来ます。

撥水加工と防水加工の違い

生地全体をコーティングし、水の侵入を防ぐのが防水加工の特徴ですが、繊維の隙間を埋めてしまうので、通気性や繊維の風合いはなくなります。

一方、撥水加工は糸の1本1本に水をはじく加工を施しているため、生地の無数の織目を塞がず、水や蒸気や空気などは生地の隙間から通過します。

但し、強い雨などは撥水加工では水の浸入を防ぐことは出来ません。


撥水生地の洗濯

当社の撥水生地の洗濯はご家庭の洗濯機で洗剤をご使用頂いても問題ありません。
しかし、一度の洗濯で撥水効果が無くなったというお問合せがごくたまにあります。
それは柔軟剤使用での洗濯による撥水性能低下が考えられます。
その場合は、以下の手順で撥水性能が回復します。

1. 柔軟剤入りの洗剤で洗濯した場合は、水又はぬるま湯で10分ほどすすぐ。(柔軟剤は吸水性のため、付着していると撥水効果を阻害するケースがあるため)

2. すすぎ後は脱水・乾燥(天日でもタンブラーでもOK)してアイロンを掛ける。アイロンは中温度(160度)推奨。

 
PAGE TOP